ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 平成31年4月5日号

風しん抗体検査・予防接種の費用を助成します

5/37

葛飾区

区内実施医療機関など、詳しくは区ホームページ(トップ→くらしのガイド→健康・医療・衛生→予防接種)をご覧になるか、お問い合わせください。

■風しんの特徴
抗体保有率が十分ではない30~50代の男性に多いのが特徴です。また、妊娠初期の女性が感染すると、出生児が白内障や難聴などの先天性風しん症候群を発症する可能性があります。
症状:感染すると、発熱・発疹・リンパ節の腫れなどが見られます。
予防接種:
風しんの予防接種は2回行うことが大切です。下表の(1)~(3)に該当する方は、2回の接種が完了していない可能性があります。
風しんにかからないためにも、まずは抗体検査(下記参照)をお受けください。

(1)昭和37年4月2日~54年4月1日生まれ 女性のみ中学生時に学校で1回の集団予防接種
(2)昭和54年4月2日~62年10月1日生まれ 男性・女性ともに中学生時に1回の個別接種
(3)昭和62年10月2日~平成2年4月1日生まれ 男性・女性ともに幼児期に1回の個別接種
平成2年4月2日以降の生まれ 男性・女性ともに原則、幼児期に2回の個別接種

■風しん抗体検査(無料)
対象:区内在住19歳以上の方(過去に風しん抗体検査を受け、十分な抗体があると診断された方を除く)
検査方法:区内実施医療機関に直接予約をしてください。検査の際、本人確認のできる書類をお持ちください。

■風しん予防接種(費用助成)
対象:区内在住19歳以上で、風しん抗体検査の結果、抗体数値が基準値以下と診断された方
助成額:
・麻しん・風しん混合ワクチン(MR) 5,000円
・風しん単抗原ワクチン 3,000円
上記金額のいずれか1回を補助します。いずれも予防接種料金から助成額を差し引いた金額が自己負担額になります。
接種方法:区内実施医療機関に直接予約をしてください。検査の際、本人確認のできる書類をお持ちください。

■定期接種の対象の方にはクーポン券を送付します
風しんの抗体保有率が特に低い年代の男性への対策として、昭和37年4月2日~54年4月1日生まれの男性は、予防接種法に基づく定期接種の対象となりました。
平成31(2019)年度は、昭和47年4月2日~54年4月1日生まれの男性に抗体検査および予防接種が無料で受けられるクーポン券を5月末ごろ送付します。
その他の対象の方にもクーポン券を順次送付していきます。

担当課:保健予防課
【電話】3602-1238

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1