ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 平成30年10月25日号

消費生活情報 くらしのまど

10/34

葛飾区

スマートフォンやインターネット回線のセット契約のトラブルに注意しましょう
通信のセット契約に関するトラブルが増えています。今回はトラブル事例とアドバイスを紹介します。

◆事例1
携帯ショップでスマートフォンの購入を決めた。店員から「Wi‐Fi※とタブレットをセットで契約すると月額料金が通常より2千円安くなる」と勧められ、セット契約をした。後日、請求書を確認すると、不要なオプションなどを付けられ高額になっていた。セット契約を解除したいと店員に伝えたところ、違約金が発生すると言われた。
※スマートフォンやタブレットなどを無線(ワイヤレス)でインターネットに接続するシステムのこと。

◆アドバイス
店側から安くなると勧められても、月額料金などの契約内容を確認し、必要のない契約はその場で断りましょう。
なお、電気通信サービスの契約は、書面受領日(受領日時点でまだサービスの提供を受けてない場合はサービス開始日)から8日以内に契約解除を行う旨の通知をすることで、解除ができます(初期契約解除制度)。その際、違約金の支払いは不要になりますが、通信利用料や端末の費用は自己負担となる場合があります。

◆事例2
大手通信会社を名乗る業者から電話があり、「当社の光回線に乗り換えれば、月々の支払いが安くなる」と勧誘され、他社でセット契約をしていたが、安くなるならと思い契約した。工事日が近づき、本当に安くなるのか不安になってきた。

◆アドバイス
勧誘業者に安くなると言われても、実際に安くなるとは限りません。工事をしてしまうと元の回線に戻すことが難しくなるため、すぐに契約はせずに、現在の契約内容などと十分比較し、必要がない場合は断りましょう。

契約でお困りの場合は、消費生活センター(【電話】5698-2311)へご相談ください。

担当課:消費生活センター(立石5-27-1ウィメンズパル内)
【電話】5698-2311

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1