ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 平成29年8月25日号

消費生活情報 くらしのまど

14/34

葛飾区

カセットコンロの事故にご注意をバーベキューや学園祭などのイベント、家庭での調理など、カセットコンロはさまざまな場面で使用されていますが、使い方を間違えると大きな事故につながることもあります。
正しい使い方を知り、事故を起こさないようにしましょう。

■カセットコンロの事故事例
●カセットコンロ2台を並べて上に鉄板を置き、調理していたところ、カセットボンベが過熱され破裂した。
●カセットコンロに金網を置き、炭を乗せ炭火をおこした。その後、炭火を金網の上に放置しておいたところ、炭火が下に落ちボンベが過熱され破裂した。
●収納式の五徳(ごとく)を設置せずにフライパンを使用したところ、フライパン底部が接触した状態になり、コンロ全体が過熱され、ボンベが破裂した。
■注意点
カセットコンロを2台並べる、炭火おこしに使用する、カセットコンロを覆うような大きな調理器具(鉄板・鍋など)を使用するなどの行為は、カセットボンベが過熱され、破裂の原因になりますのでやめましょう。
その他にも次の点に注意し、大きな事故につながらないように気を付けましょう。
●カセットコンロに適合しているカセットボンベを使用し、正しく装着するようにしましょう。
●カセットコンロを調理以外の用途に使用するのはやめましょう。
●テントや車内などの密閉空間で使用すると、一酸化炭素中毒や酸欠になる場合があるのでやめましょう。
●カセットボンベを廃棄する際には、ガスが残っていないか確認してから燃やさないごみで廃棄しましょう。

担当課:消費生活センター(立石5‐27‐ 1ウィメンズパル内)
電話5698-2311

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1