ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 平成29年12月15日号

糖尿病予防で血管のアンチエイジング(若返り)

15/31

葛飾区

糖尿病は、食べ過ぎや運動不足、インスリンの作用が十分でないなどのために、血糖値が高くなる病気です。
糖尿病の恐ろしさは、動脈硬化などの合併症にあります。高血圧や脂質異常、肥満などとの相互作用で進行し、心臓病や脳卒中などの生活習慣病を引き起こしやすくなります。
初期は自覚症状が少ないため、すぐには体調の変化に気付きませんが、早期から生活習慣を改善することで予防ができます。

■糖尿病は生活習慣病
葛飾区は、都内でも生活習慣病の治療をしている方の割合が高い区です。
糖尿病は誰にでも発症する可能性がありますが、毎日の生活習慣を見直すことで予防ができる病気です。また早期に対処することで、健康な人と同様の生活を送ることができます。

▽生活習慣病を治療している方の割合
東京都 35.3%
23区平均 37.0%
葛飾区 40.3%
国民健康保険の生活習慣病に係る保険者間比較
(2015年東京都・葛飾区)

■こんな心あたりはありませんか?
◇糖尿病を招く生活習慣と危険因子をチェック!
・20歳代のときから10kg以上体重が増えた
・家族(親・きょうだい)に糖尿病の人がいる
・食べるのが早い
・野菜や海草類をあまり食べない
・魚より肉が好き
・甘い物や脂っこい物が好き
・週3日以上お酒を飲み過ぎてしまう
・運動不足だと感じる
・タバコをよく吸う(1日10本以上)

◇サラサラ血液で糖尿病予防
チェック項目が多い人は要注意!
糖尿病を予防するには、ドロドロ血液にならないことが大切です。糖尿病からくる、動脈硬化を予防しましょう。
・標準体重を維持しよう
・バランスの良い食事をとって、過食を防ごう
・肉類からの脂肪摂取を控えよう
・食物繊維を取ろう
・アルコール・甘い物を控えよう
・1日1万歩を目標に歩こう
・禁煙しよう

■健康づくり講演会
糖尿病予防から始めるアンチエイジング
日時・内容:
▽1月11日(木)午後2~4時
糖尿病ですすむ動脈硬化の予防
▽1月18日(木)午後2~4時
糖尿病と動脈硬化を防ぐ運動の効果と実践
会場:健康プラザかつしか
(青戸4-15-14)
対象:区内在住・在勤の方各回50人
申込方法:12月18日(月)午前8時から電話で(先着順)。
申し込み:はなしょうぶコール 電話6758-2222
講師:浅野次義氏(あさの金町クリニック院長)

担当課:青戸保健センター 【電話】3602-1284

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1