ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 令和2年3月5日号

区民の皆さんの?に答えます 水害Q&A

2/38

葛飾区

令和元年に発生した台風19号の際にいただいた区民の皆さんの疑問と、それに対する回答です。詳しくは、ハザードマップや広報紙で確認してみましょう。

◇Q1 わたしの自宅は、浸水するの?避難した方がいいの?
A.住んでいる地域や、どの河川が氾濫するかによって、自宅が浸水するか、避難が必要かが変わります。ハザードマップを見て確認してみましょう。
ハザードマップ(A1判)
ハザードマップ解説編(冊子)
P13~34
広報紙
2・11面

◇Q2 避難情報が出たら、避難所へ行けばいいの?
A.体が不自由な方は、長距離の避難は危険かもしれません。避難所への避難以外にも自宅がマンションなどで浸水しない上層階であれば、自宅にいることも1つの避難方法です。
ハザードマップ(A1判)
ハザードマップ解説編(冊子)
P5・10
広報紙
2・11面

◇Q3 河川の水位はどのくらいなの?どの避難所が開設しているの?
A.区ホームページやかつしかFM、各河川事務所ホームページなどで情報発信しています。スマートフォンやラジオ、テレビなどで情報収集しましょう。
ハザードマップ解説編(冊子)
P8~9・11
広報紙
2・11面

◇Q4 台風に備え、自宅ではどのような対策を取ればいいの?
A.風水害による家屋などの被害を抑えるために、日頃から屋根など家の周りの点検や整備をしましょう。土のうステーションの場所も確認しておきましょう。
ハザードマップ(A1判)
ハザードマップ解説編(冊子)
P37

◇Q5 水害発生の恐れがある時、わたし(家族)は、いつ・どのような行動をしたらいいの?
A.お住まいの地域や家族構成により異なります。ハザードマップや広報紙を参考に、行動計画(マイタイムライン)を作成してみましょう。
ハザードマップ(A1判)
ハザードマップ解説編(冊子)
P38~39
広報紙
2・11面

1・2・11・12面 水害ハザードマップ特集 保存版

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1