ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

4月6日(月曜日)~15日(水曜日)春の全国交通安全運動

19/35

東京都葛飾区

~世界一の交通安全都市TOKYOをめざして~

■子どもをはじめとする歩行者の安全の確保
・子どもの交通事故は、下校時間帯の午後2~6時に多く発生しています。信号が青でも、車が「止まったこと」など、まわりの安全を確認させましょう。また、飛び出しや路上で遊ぶことの危険性も教えましょう。
・高齢者の交通事故死者数のうちの約半数は歩行者です。歩き慣れた道でも、交通ルールを守ることが大切です。夜間の外歩きでは、明るい色の服装や反射材を身につけましょう。

■高齢運転者などの安全運転の励行
・横断歩道付近や交差点では歩行者がいないか確認しましょう。また、「ながらスマホ」は違反です。絶対に止めましょう。
・高齢運転者の交通事故防止のため、買い換え時には自動ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置などが搭載された車も検討しましょう。
・後部座席でシートベルトを着用せずに交通事故に遭った場合、車外へ投げ出されたり、同乗者にぶつかったりする危険性があります。また、6歳未満の子どもは、チャイルドシートの使用が義務付けられています。
・あおり運転や飲酒運転は悪質・危険な行為です。飲酒運転のおそれのある人に対する車両の提供や酒類を提供する行為、酒気を帯びている人の運転する車両に同乗することも罰せられます。

■自転車の安全利用の推進
・傘を差しながらやスマートフォンを操作しながら、イヤホンで音楽を聴きながらの運転は大変危険です。また自転車も飲酒運転の禁止の対象です。
・自転車を利用する際は、大人も子どももヘルメットをかぶりましょう。また、交通事故に備えて賠償責任保険に加入しましょう。

■二輪車の交通事故防止
交差点を通過する際には、安全確認をしっかり行いましょう。また、カーブや交差点手前では、十分に速度を落としましょう。ヘルメットの顎(あご)ひもをしっかりと締め、胸部・腹部を守るプロテクターを着用し、長袖・長ズボンを着用しましょう。

■4月10日(金曜日)は「交通事故死ゼロをめざす日」です
一人一人が交通ルールを遵守(じゅんしゅ)し、正しいマナーを実践することで交通事故の発生を防止しましょう。

問い合わせ:葛飾警察署
【電話】03-3695-0110
亀有警察署
【電話】03-3607-0110
担当課:道路管理課交通安全対策担当

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU