ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 令和2年2月25日号

先人が遺した文化遺産 かつしかの遺跡

19/38

葛飾区

遺跡とは昔の人々が暮らした住居の跡や井戸、土器などのさまざまな生活道具が地中に埋もれて、今日まで残っていたものです。葛飾区内には27カ所の遺跡があり、古墳時代に人が住み始めたことが分かっています。
昨年は、柴又や奥戸、青戸、立石などで発掘調査を実施し、柴又で古墳時代の土器の破片が出土しました。

■遺跡対象地での建設工事などの計画がある方へ
遺跡対象地(下表)で建物建設などの土木工事を実施する場合は、事前に書類と工事図面の提出が必要です。また、遺跡対象地の近接地など遺跡が広がる可能性のある地域でも、書類や図面類の提出をお願いしています。
深く掘削する工事については、遺跡を壊してしまう場合がありますので、工事前に発掘調査を実施し、記録に残す必要があります。
詳しくは、区ホームページ(トップ→くらしのガイド→生涯学習・スポーツ・文化→生涯学習→土木工事など開発に伴う埋蔵文化財調査について)をご覧になるか、お問い合わせください。
提出先・担当課:
・郷土と天文の博物館(白鳥3-25-1)
【電話】03-3838-1101
・生涯学習課(区役所4階430番)
【電話】03-5654-8477

◇遺跡対象地 青戸6-16・41番、7-13~17・19~37番、8-22~25番
名称:御殿山遺跡 葛西城址

◇遺跡対象地 奥戸1-25~28番、3-2~5番
名称:鬼塚遺跡

◇遺跡対象地 奥戸1-28番
名称:鬼塚

◇遺跡対象地 奥戸3-6~15・24~28番
名称:本郷遺跡

◇遺跡対象地 奥戸3-12番
名称:塚

◇遺跡対象地 奥戸4-2・9番、東新小岩4-7~11・17・19・22~24番
名称:上小松遺跡

◇遺跡対象地 奥戸6-6・8・12・15番
名称:包蔵地

◇遺跡対象地 金町浄水場
名称:金町浄水場内遺跡

◇遺跡対象地 亀有2-41・42・50番
名称:前津遺跡

◇遺跡対象地 小菅1-24~26番
名称:小菅銭座跡

◇遺跡対象地 小菅1-35東京拘置所
名称:小菅御殿跡

◇遺跡対象地 柴又1-6~10・25~36番、3-12~14・28番
名称:古録天東遺跡

◇遺跡対象地 柴又1-47・48番、3-30番
名称:柴又八幡神社遺跡

◇遺跡対象地 柴又2-1~11番、3-11番
名称:古録天遺跡

◇遺跡対象地 柴又3-30番
名称:柴又八幡神社古墳

◇遺跡対象地 柴又6-23番、江戸川河川敷(柴又5~7丁目)
名称:柴又河川敷遺跡

◇遺跡対象地 柴又7-5~14番
名称:柴又帝釈天遺跡

◇遺跡対象地 高砂7-13・14・21番
名称:新宿町遺跡

◇遺跡対象地 高砂7-24番
名称:三ツ池古墳

◇遺跡対象地 立石8-35~44・49・52番
名称:立石遺跡

◇遺跡対象地 立石8-37番
名称:立石様

◇遺跡対象地 立石8-40番付近
名称:南蔵院裏古墳

◇遺跡対象地 立石8-43番
名称:熊野神社古墳

◇遺跡対象地 西亀有1-2・3・7・10~13・17番、東堀切3-9番
名称:上千葉遺跡

◇遺跡対象地 西水元1-4・10・12・13番
名称:水元飯塚遺跡

◇遺跡対象地 東金町4-28番
名称:塚

◇遺跡対象地 四つ木1-22・23・25~28番
名称:伝葛西清重館址

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1