ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 令和元年9月5日号

葛飾でいつまでも 認知症でも安心して暮らせるまちへ

11/39

葛飾区

区内の認知症高齢者数は、軽度認知症を含めて約16,000人と推計されており、高齢者数の約14%となっています。区では、認知症の正しい理解を広げ、認知症の方が安心して暮らせるための支援をしています。
担当課:高齢者支援課
【電話】5654-8597

■認知症とは
さまざまな原因で脳の細胞が損傷を受け、働きが悪くなることで、認知機能が低下し、生活のしづらさが現れる状態のことです。
加齢による「もの忘れ」と「認知症」の違いの例

◇加齢によるもの忘れ
・朝食に何を食べたか忘れる
・話をした人の名前が思い出せない
・曜日を間違える

◇認知症による記憶障害
・朝食を食べたこと自体を忘れる
・話をした人が誰なのか全くわからない
・季節を間違える

■おでかけあんしん事業
◇おでかけあんしんシール
徘徊の恐れがある高齢者の持ち物に登録番号と24時間対応のコールセンターの電話番号を記載した「おでかけあんしんシール」を貼ることで、認知症の症状がある高齢者の早期帰宅につなげます。

◇おでかけあんしん保険(認知症保険)
認知症による徘徊が原因となる鉄道事故などが発生し、家族が損害賠償責任を負うことになった場合などに補償される保険です。
対象や登録方法など、詳しくは区ホームページをご覧になるか、お問い合わせください。

■認知症ガイドブック「ヒトゴトじゃないよ認知症」を配布しています
認知症の方やその家族が、認知症の容態や段階に合わせて「いつ、どこで、何をするべきなのか」をまとめています。症状の進行に合わせた具体的なケア方法や利用できる医療・介護サービスを知ることができます。
配布場所:福祉総合窓口(区役所2階201番)、高齢者総合相談センター

■認知症サポーター養成講座
認知症の正しい知識や接し方などを学ぶことで、認知症への理解があるサポーターを養成します。区内で年間約3,000人の方が講座を受講しています。
申込方法などは、9面をご覧ください。

■もの忘れ予防・フェスタin葛飾
日時:11月9日(土曜日)
午前10時~午後4時
会場:テクノプラザかつしか(青戸7-2-1)
認知症予防講演会や相談会、昔遊び体験、脳トレ・筋トレ体験会、レクササイズなどを行います。

◇認知症VR体験講座 事前申し込み
バーチャルリアリティ(3次元の仮想映像)を通して認知症を体験することで、認知症の方への理解を深めます。
時間:
・午前10時30分~正午
・午後1時~2時30分
定員:13歳以上の方各回40人
申込方法:9月9日(月曜日)午前8時から電話で(先着順)。
申し込み:はなしょうぶコール
【電話】6758-2222

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1