ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

お口は健康の入り口

37/39

東京都葛飾区

最新の研究により、歯周病およびその原因である歯周病細菌が、心臓病や肺炎などの全身の疾患と関係があることが分かってきました。歯周病予防や早期の治療は全身の健康のためにも大切です。

■歯を失う原因の第一位は歯周病
歯を失う原因の約1/3は歯周病です。
歯周病は細菌による感染症で、歯を支える骨や歯肉が壊されていく病気です。平成30年度に実施した葛飾区成人歯科健康診査の結果、40歳代の受診者のうち67.5%(3人に2人)が歯周病であることが分かりました。歯周病の初期は自覚症状がほぼなく、静かに進行していきます。歯を守るためには、日頃から歯磨きなどの口腔ケアが大切です。右上のような症状が出たら早めに受診しましょう。

◇歯周病の主な症状
下記のような症状がないか、セルフチェックしましょう。
・歯を磨くと歯肉から血が出る
・朝起きた時、口の中がネバつく
・口臭を感じることがある
・歯並びが悪くなった
・歯肉がやせて、前より歯が長く見えるようになった

◇歯周病を予防するには
口腔ケアに加え、生活習慣を改善することで予防することができます。
・禁煙
・食生活の改善
・十分な睡眠
・適度な運動

■歯周病になるとこんなリスクが…
・脳梗塞
・心筋梗塞
・誤嚥性肺炎
・心内膜炎
・動脈硬化
・糖尿病
・低体重児出産
・早産など

■かかりつけ歯科医をもちましょう
かかりつけ歯科医は治療だけでなく、健診も含めお口に関しての相談がいつでもできる決まった歯医者です。
お口を健康に保ち、心身を健康な状態で維持していくためにかかりつけ歯科医をもちましょう。

■成人歯科健診
対象の方へ、8月下旬に受診票を送付しました。
対象:区内在住で令和2年3月31日現在、40・45・50・55・60・65・70歳の方
会場:区内協力歯科医療機関
期間:9月2日(月曜日)~11月30日(土曜日)
内容:むし歯、歯周病の検査、粘膜や顎の関節の状態など

担当課:健康づくり課
【電話】3602-1268

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU