ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 令和元年9月15日号

9月21日(土曜日)~30日(月曜日)秋の全国交通安全運動

11/25

葛飾区

■世界一の交通安全都市
TOKYOを目指して

9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」です。一人一人が交通ルールを守り、正しいマナーで交通事故を防止しましょう。

問い合わせ:
・全国交通安全運動について
葛飾警察署
【電話】3695-0110
亀有警察署
【電話】3607-0110
・安全運転支援装置について
東京都交通安全課
【電話】5388-2759
担当課:道路管理課 交通安全対策担当

■飲酒運転の根絶
飲酒運転は犯罪です。運転者だけでなく、酒類の提供者や車両の同乗者も罰せられます。
自転車も飲酒運転の対象です。

■二輪車の交通事故防止
二輪車に乗る際はヘルメットの顎ひもをしっかりと締め、胸部などを守るプロテクターを着用しましょう。
カーブや交差点の手前では十分に速度を落としましょう。

■高齢運転者の交通事故防止
高齢運転者による交通事故が増えています。運転に自信がある方でも運転免許証の自主返納について周りと話し合ってみてください。

都では、70歳以上の運転者へ安全運転支援装置(ペダルの踏み間違いなどによる急加速を抑制する装置)の購入・設置に補助をしています。詳しくは東京都交通安全課へお問い合わせください。

■夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
夕暮れ時や夜間は、必ず自転車のライトを点灯させたり反射材用品を身に着けたりして周囲に自分の位置を知らせましょう。

■全ての座席でシートベルトの着用とチャイルドシートの正しい着用の徹底
後部座席でシートベルトを着用せずに交通事故に遭った場合、車外へ投げ出されたり同乗者とぶつかったりする恐れがあります。
また、6歳未満の子どもにはチャイルドシートを着用させることが義務づけられています。

■子どもと高齢者の安全な通行の確保
子どもの交通事故は、下校時間帯の午後2~6時の間に多く発生しています。
高齢者の交通事故は、道路横断中に多く発生しています。
子どもと高齢者の事故を防ぐためには、本人が危険な場所を知って交通ルールを守ることと、周囲の思いやりが大切です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1