ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

消費生活情報 くらしのまど

35/38

東京都葛飾区

■知っておきたい!クーリング・オフ
突然の訪問や電話での商品販売によって、思わず不要な契約をしてしまったことはありませんか。
クーリング・オフとは、一定の期間内であれば、消費者が書面で通知することにより、契約を無条件で解約できる制度です。お金を払い終えた場合でも、全額返金を求めることができます。

○クーリング・オフできる場合
次のような契約の場合はクーリング・オフできます。クーリング・オフできる期間は、契約書を受け取ってから8日以内(連鎖販売取引、業務提供誘引販売取引は20日以内)です。
・訪問販売

・電話勧誘販売

・特定継続的役務提供
長期・継続的に役務(サービス)を提供するもののうち、エステティック、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービスの6つが対象

・訪問購入(買い取り)
消費者の自宅を訪問し、貴金属などの物品を購入する(買い取る)取引

・連鎖販売取引(マルチ商法)
消費者を販売員(会員)になるよう勧誘し、販売員になった人に新たに販売員を勧誘させ、組織を拡大する取引

・業務提供誘引販売取引
仕事をあっせんするなどと言い、その仕事に必要があるとして商品などを購入させる取引

なお、契約書を受け取っていなかったり、契約書の記載内容に不備があったりした場合は、期間を過ぎてもクーリング・オフできます。また、クーリング・オフできないなど、うその説明を受けた場合もクーリング・オフが可能です。

○ご注意ください!
クーリング・オフできない場合
・自分で店舗に出向き、商品などを購入した場合
・訪問販売で、総額3千円未満の契約をし、全額を現金で支払った場合
・購入者が営業目的で契約した場合
・電話やインターネットなどで申し込む通信販売で購入した場合
ただし、広告やホームページに「返品不可」などの記載がない場合、商品を受け取ってから8日以内は返品できます(送料は消費者負担)。
・消耗品(化粧品や健康食品など)で既に使用している場合
ただし、契約書に「使用後はクーリング・オフできない」などの記載がない場合や、販売員に誘導されて使ってしまった場合は、クーリング・オフできます。

○クーリング・オフできなくても
うその説明を受け事実と誤解して申し込んだ場合や、契約者が未成年者で親の同意のない契約をした場合などは、契約の無効や取り消しを求めることができます。
また、訪問販売・電話勧誘販売で、消費者が通常必要とされる量を著しく超える過量な商品を購入する契約を結んだ場合、契約締結後1年間は、申し込みの撤回または解除ができます。
契約に納得できない場合は、消費生活センター【電話】5698-2311にご相談ください。

■クーリング・オフの手続き
ハガキに所定の内容を記入し(記入例参照)、販売会社宛てに特定記録郵便などで郵送します。クレジットカードを利用した場合は、必ずクレジット会社にも同時に送りましょう。
ハガキは両面をコピーし、特定記録郵便などの受領書と一緒に5年間保管しておきましょう。

記入例:表書きは販売店やクレジット会社代表者を宛名に記載します。

通知書
次の契約を解除することを通知します。
契約年月日 平成〇〇年〇月〇日
商品名 〇〇〇〇
契約金額 〇〇〇〇〇〇円
販売会社名 株式会社××
□□営業所
担当者 〇〇〇〇
クレジット会社 △△△株式会社
支払った代金〇〇円を返金し、商品を引き取ってください。
平成〇〇年〇月〇日
契約者住所
契約者氏名

担当課:消費生活センター(立石5-27-1ウィメンズパル内)
【電話】5698-2311

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU