ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 令和元年7月5日号

身近なハチをもっと知ろう

11/38

葛飾区

夏になると、ハチの活動が活発になります。「ハチ」と聞くと怖い虫と思われがちですが、植物の受粉を助けるなど私たちの生活に役立つ一面も持っています。
今回は、区内でよく見かけるハチとその特徴を説明します。

■危険性が低いハチ
◇ミツバチ
体長15mm前後の小さなハチです。植物の受粉を媒介して果実の実りをもたらします。
春から初夏にかけて、突然木の枝や家の外壁などに数千~数万匹のミツバチが群がることがあります。
これは分蜂(巣別れ)と呼ばれるもので、数日中で移動する場合がほとんどです。殺虫剤などを使わずに様子を見てください。

◇アシナガバチ
体長20mm前後の細長いハチで、長い後ろ足を垂らして、フワフワと飛びます。垣根や樹木の害虫を食べてくれます。
そばを飛んでいても手で払ったりしなければハチから刺してくることはほとんどありません。
家の軒下やベランダに10cmくらいの傘状で穴がたくさん開いている巣を作ります。

◇クマバチ
体長20mm前後のずんぐりした体形で、胸部には黄色くて細い毛が多く生えています。
花の蜜や花粉を食べ、特にフジの花を好みます。体も羽音も大きいので、恐怖感を与えますが、人に攻撃をしないおとなしいハチです。

■危険性が高いハチ
◇スズメバチ
体長30mm前後と大きく、直線的に飛び、20~30cmのボール状でしま模様の巣を作ります。
巣に近づくと攻撃的になる場合もあります。長い距離を飛ぶため、飛行中のハチを1匹見かけた程度では、巣が近くにあるとは限りません。

■ハチの巣の撤去について すぐやる課の対応
ご自宅にできたハチの巣は、所有者や管理者ご自身で撤去するのが原則です。相談が最も多いアシナガバチの巣は、作り始めであればハチ用の殺虫剤などを使用して、経験のない方でも簡単に撤去することができます。
すぐやる課では、ハチの巣の撤去が初めてという方のために、安全な巣の取り方を実践しながら説明したり、生態や適切な対処法などをアドバイスしたりしています。
なお、スズメバチについては必要に応じて危険回避の処置として巣の撤去などをしています。

担当課:すぐやる課
【電話】5654-8448
月~金曜日(祝日、年末年始を除く)午前8時30分~午後5時

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1