ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

災害に強い街づくりを進めています

9/22

東京都葛飾区

対象地域:
・四つ木一・二丁目
・東四つ木三・四丁目
・東立石四丁目
・堀切二丁目周辺及び四丁目

区内には木造建築物が密集し、狭い道路が多い市街地があります。このような地域は防災面で多くの課題を抱えており、早急な改善が課題となっています。
このため区では、地域の皆さんのご理解とご協力をいただきながら、密集事業の実施や東京都の不燃化特区制度を活用して、安全・安心な街づくりを進めています。
担当課:街づくり推進課(区役所3階303番)
【電話】5654-8345

◆住宅市街地総合整備事業(密集事業)
狭い道を幅6mに広げ、消防車などの緊急車両が通行できる主要生活道路を整備しています。また、災害時に一時的に避難できる公園や広場も整備しています。
道路を広げることで建物などが影響を受ける場合は、基準に基づいた補償費をお支払いします。拡幅道路沿道にお住まいの皆さんには、補償費を算出するための建物調査のお願いに順次伺います。
密集事業へのご理解とご協力をお願いします。

◇四つ木地区の事例
四つ木一・二丁目
道路用地取得面積
事業計画:2,150平方メートル
実績(平成29年度末):1,084.10平方メートル
道路用地取得率:50.4%

◇東四つ木三・四丁目
道路用地取得面積
事業計画:7,818平方メートル
実績(平成29年度末):7,272.01平方メートル
道路用地取得率:93.0%

◇東立石四丁目
道路用地取得面積
事業計画:2,339平方メートル
実績(平成29年度末):1,310.64平方メートル
道路用地取得率:56.0%

◇堀切二丁目周辺及び四丁目
道路用地取得面積
事業計画:644平方メートル
実績(平成29年度末):0平方メートル
道路用地取得率:0%

◆不燃化特区
震災時に大きな被害が想定されている密集市街地の中で、特に改善を図るべき地区を東京都が指定し、都と区が連携して改善を推進していきます。
不燃化特区には地区内の不燃化のため、建て替えに当たっての支援があります。詳しくは、工事契約前に街づくり推進課(【電話】5654-8345)へお問い合わせください。

◆木造住宅等の建て替え助成 助成額最大200万円
対象住宅:木造または軽量鉄骨造で、木造は14年8カ月、木造モルタルは13年4カ月、軽量鉄骨造は18年以上経過している住宅
助成内容:
・除却工事費
・設計・工事監理費
助成要件:
・対象住宅の除却工事を行い、耐火または準耐火建築物に建て替えること
・対象住宅の所有者(または所有者の2親等以内の親族)で、除却工事および建て替え工事両方の経費を支払う方からの申請であること

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU