ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 令和元年11月5日号

災害に強い街づくりを進めています

20/44

葛飾区

■区では、燃えにくく、耐震性のある住宅への建て替えを促進し、安全で安心な街づくりを推進するために、不燃化特区内の木造住宅建て替え助成および木造建築物耐震助成を行っています。
助成条件や対象、申請方法など、詳しくは契約前に担当課へお問い合わせください。

■不燃化特区内の木造住宅建て替え助成
木造住宅密集地域の防災性を向上させるため、不燃化特区に指定されている対象地域の木造住宅建て替え費用の一部助成を行っています。
対象地域:
・四つ木一・二丁目
・東四つ木三・四丁目
・東立石四丁目
・堀切二丁目周辺および四丁目
助成限度額:200万円(除却工事費+設計・工事監理費)
対象住宅:木造または軽量鉄骨造で、木造は14年8カ月、木造モルタルは13年4カ月、軽量鉄骨造は18年以上経過している住宅
担当課:街づくり推進課(区役所4階424番)
【電話】5654-8345

■木造建築物耐震助成
木造住宅の耐震診断士無料派遣の他、旧耐震基準の木造建築物(昭和56年5月以前に建築)については改修設計、耐震改修、建て替え・除却工事に要する費用の一部助成を行っています。
助成限度額:
・改修設計/20万円
・改修工事/160万円
・建て替え工事/160万円(※)
・除却(解体)工事/50万円(※)
※不燃化特区内は助成額が異なります。
担当課:建築課(区役所3階305番)
【電話】5654-8552・8553

■フラット35:地域活性化型に関する協定を締結
10月10日に、区と住宅金融支援機構は、災害に強いまちづくりの推進のために「フラット35」地域活性化型(防災対策)」に関する協定を締結しました。
これにより区が行う「不燃化特区内の木造住宅建て替え助成」や「木造建築物耐震助成」を受けて、住宅の建て替えや除却を行う場合、「フラット35」地域活性化型(防災対策)」を活用することで、通常より低い金利(当初の5年間、0.25%マイナス)で融資を受けることができます。

問い合わせ:住宅金融支援機構「フラット35」ダイヤル
【電話】0120-0860-35

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1