ユーザー登録
文字サイズ

広報かつしか 令和元年10月15日号

葛飾区成年後見センターをご利用ください

17/25

葛飾区

■葛飾区成年後見センターの主な事業

◇専門相談(予約制)
成年後見制度の利用や遺言、相続、福祉サービスに関する権利侵害などの専門的な相談に弁護士、司法書士が無料でお答えします(1回40分以内)。
日時:
・司法書士
毎月第2木曜日 午後1~4時(祝日を除く)
・弁護士
毎月第4木曜日 午後1~4時(祝日を除く)
申込方法:電話か窓口で。

◇成年後見制度利用支援事業
申立書類の配布や手続きの案内をします。
また、後見人等候補者がいない場合や、申立書類の作成代行を依頼したい場合などに、専門機関を紹介します。
相談方法:電話か窓口で。

◇訪問援助事業
対象:おおむね65歳以上の方か障害のある方などで、金銭管理や福祉サービスの利用などにお困りで、契約および意思の確認が可能な方
内容・費用:
・福祉・介護サービスの利用手続きのお手伝いなど/1時間1,000円
・預貯金の払い戻し、税金や家賃の支払いなど/1時間1,000円または1,500円
・預貯金通帳や実印など貸金庫でのお預かり/月額1,000円
相談方法:電話か窓口で。

◇成年後見人等の集い
すでに後見人等になっている親族の方などを対象に、研修会や情報交換会を行っています。

◇出張相談(予約制)
区民相談室(区役所2階209番)で成年後見制度に関する相談をセンター職員がお受けします(1回50分以内)。
日時:毎月第2・4火曜日
午前10時~正午(祝日を除く)
申込方法:相談日2週間前から電話か窓口で。

◇人生のエンディングの準備支援事業
葛飾区で最期まで安心して人生を過ごせるよう、エンディングノートを配布している他、講演会を開催しています。
配布場所:福祉管理課(区役所3階311番)、葛飾区成年後見センター、高齢者総合相談センター

◇成年後見制度とは
認知症や精神・知的障害などで十分な判断能力がない方の権利や財産を法律的に守るための制度です。本人の判断能力の程度に応じて、成年後見人・保佐人・補助人(以下「後見人等」)を選びます。
後見人等になれるのは、親族の他に、弁護士や司法書士、社会福祉士などの専門職、社会福祉協議会などの法人で、申立てを受けた家庭裁判所が決定します。

◇どんなときに必要になるの?
・認知症になった家族名義の不動産を売却して施設入所費用に充てたいとき
・知的障害のため金融機関や福祉サービスの利用ができないとき
・遺産分割協議をしたいが相続人の一人が精神障害で協議できないとき
など
このような財産管理や契約行為などが本人では難しいときに、後見人等が本人に代わって手続きを行います。

◇家庭裁判所への申立て費用
手数料:6~9千円程度
鑑定費用(医師による本人の判断能力の鑑定が必要な場合のみ):5~10万円程度

◇成年後見制度利用手続きの流れ
(1)4親等内の親族(いない場合は区長)が家庭裁判所に申立て
(2)家庭裁判所が審理(1~3カ月程度)
(3)審判が下りる(後見人等の決定)
(4)法務局に後見人等が登記される
(5)制度利用開始
※申立て時の候補者が選任されない場合もあります。
※申立てに必要な書類は葛飾区成年後見センターで配布しています。

◇後見人等への報酬
本人の財産から後見人等に原則1年ごとに報酬が支払われます。報酬額は本人の財産状況と後見人等の活動内容によって、家庭裁判所が決定します。

担当課:福祉管理課
申し込み・所在地:
葛飾区成年後見センター
(堀切3-34-1ウェルピアかつしか内葛飾区社会福祉協議会)
【電話】5672-2833
(月~金曜日(祝日を除く)/午前8時30分~午後5時)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 葛飾区 〒124-8555 東京都葛飾区立石5-13-1